宅建勉強中日記





10月試験の宅建を勉強中です。
以前マンガで覚える宅建みたいな本を図書館で借りチラッと一通り見ましたが勉強として始めたのは5月23日からです。
FP2級試験終了翌日ですね。
ほぼ1ヶ月が過ぎました。今の状態はというと…

不安だらけです(^_^;)

ちなみに今何をやっているかというと、ひたすらテキストを読み返しています。
宅建も滝澤ななみ著書のテキストを使っていますが、いいところはテキストが分野ごとに3つに分かれるため持ち運びやすく通勤電車でひたすら読んでいます。
あとは解説がくだけていてわかりやすいですね。
今3周目に入ったところです。

2周しましたが、大雑把には覚えられたのかな?という感じです。
ただ、細かい所はまだまだおぼろげです

ちなみにこれは宅建攻略法でも何でもありません。
ただ私の勉強法の紹介と途中経過に過ぎません。なのでまだまだこの勉強法で受かる!っていうものではないのであしからずご了承下さいm(_ _;)m

話を戻して、なぜ不安か?
それはまだ問題集にほとんど手をつけていないからです。つまり、どんなポイントが出題されるか?自分がどれくらいの理解レベルにあるのか?どこが苦手なのか?出題側が何を求めているのか?時間配分は?…
要は未知に対する不安なのです。

私が今テキストをひたすら読んでいるのは理解レベルを高めるためです。
これがどんな資格においてもベースとなると思っています。
だってその分野を理解している人に資格は与えられるのですから。

アプリで宅建の○✕問題を少しやりましたがだいたい正答率は60パーくらいです。
ただ、5択のなかでそれを選ぶとなると、他4問の間違った選択肢、もしくは正しい選択肢から正解を1つ選ぶとなるとおそらく60%は切るでしょう。




FPの時に私が自ら書きましたが、最低でも選択肢を2択位に絞れるまで正確に覚えていかないといけないですね。
今年受けたもしくは受ける予定のFP3級、2級、品質管理検定2級の中で、チンプンカンプンなものはといえば品質管理検定2級でしたが、細かい理解を求められているのはおそらく宅建ですね。

不動産扱うわけですし、商品の金額も金額ですし当然といえば当然ですね(^_^;)
頑張らなければ。
もうすぐFP2級の結果発表です。
またいい報告ができればなぁと思います。
それではこの辺で。


この記事へのコメント