FP2級受験してきました。(自己採点付き)

品質管理検定2級を受験してからの勉強ですから、期間はまる2か月くらいでしょうか。
2級の受験資格は
①FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
②日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
③厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
④FP技能士3級合格者
となります。私は④コースですが、多分これが一番王道でしょう。
金融事業財政研究会(金財)とFP協会主催の試験がありますが私は金財で受験しました。(ほとんどの人がこちらで受験します)
3級の合格率は大体
学科・実技共に55~60%であるのに対し
2級は
学科・実技(私は個人資産業務受験)20%~25%という感じで
一気に難易度が増した感じです。範囲は変わりませんが結構細かいところを突いてくるからでしょうか・・?
20160522_092202_897.jpg




20160522_092451_299.jpg 
緊張漂う無言の教室内・・・・必死に最後の確認をしています。
20%ですからね・・・・
そんな中私は・・・・
20160522_092505_333.jpg
学科をなるべく早く終わらせて実技までの空き時間にどこのラーメンを食べに行くか必死で悩んでいました。

ちなみに地下鉄で2駅離れたところまで移動して、とある有名鶏白湯ラーメンを食べに行きました。
大盛りを注文し、食べ過ぎてお腹を壊し12時50分位までトイレにこもりっきりでした…
(_ _;)

皆さん、こいつ(私)終わったな・・・
と、思ったでしょう。

ただ、勉強量だけは必至でやってきましたよ。
参考書をパラ読みできるくらいまで読み込み、過去問は過去9回分を一通りこなし
おおよそ学科75%~80%の得点、実技80%くらいの得点率で臨みました。

さて、先ほど模範解答が出ました。結果の時間です。
(画像を2回クリックすると鮮明に見ることができます。)
これです。(紙は私のFP用自作シート)




IMG_20160522_180559.jpg
(自己採点)
学科52点/60点(正解率87%)
実技36点/50点(正解率72%)←実技は配点が何となくしかわかりません。
合格ラインが60%ですので、まず大丈夫でしょう。
実技は少し苦手分野が出て焦りましたが・・・(・_・;)

私の実感ですが、FPも紛らわしい問題は出てきます。特に4択で『適切なもの』を選ぶ問題に関しては、でたらめなものが3つあります。そこで自信をもって他は違うと言い切れるくらいの知識が必要になってきますね。最低でも4択が2択になるくらいに絞り込まないといけません。

多くの人がノートに色々まとめてましたが、私は1ページもまとめていません。
本を読んだ、過去問解いた。それだけです。

参考書が自分に合っていたと思います。
ちなみにこれです。
bookfan_bk-4813261396.jpg
bk-4813261418.jpg

3級でもお世話になりました。滝澤ななみさんの参考書と問題集です。
正直私がノートをまとめるより上手にまとめてあるので、すでに私のまとめノート代わりですwww

これで今年は資格を3つ受けて、何とか3つとも合格することができそうな見通しが立ちました。
個人的な感想でいえばやはり品質管理検定2級の方が遥かに難しかったですね。特に今年は過去最低の合格率でしたし(;´Д`)

さて明日からは『宅建』の勉強します。またもや滝澤ななみさんの参考書に頼りますが手ごたえはまだ全然です。
FPの不動産分野の分だけアドバンテージあるかな?といった感じですね。
合格率は15%前後。勉強時間は600時間という目安が書いてありました。
1発合格できるか不安の塊状態です。
約4か月頑張ってみます。宅建でとりあえず今年の資格受験予定は終了です。

もちろん品質管理検定のブログもボチボチアップする予定です。
皆さんの参考になればと思います。
それでは、今日は長文でしたがこの辺で・・・


この記事へのコメント